メンズファンデーションに関するQ&A

メンズファンデーションに関するQ&A

ファンデーションと一口に言っても、色々な種類があります。そもそもファンデーションって何をカバーしてくれるの?といった声や性能が分からない、といった声にお答えします。
ここではメンズファンデーション初心者に分かりやすいよう、基本的な機能をご紹介します。

ファンデと下地とBBクリームは何が違う?

ファンデーション・下地・BBクリーム、どれも肌質を綺麗にして同じに見えますよね。実はそれぞれ化粧における役割が全然違います。ここでは、種類ごとの役割と違いをご説明します。

ファンデーション

ファンデーション

当サイトでもご紹介しているように、リキッドファンデーション・パウダーファンデーション・クリームファンデーション・クッションファンデーション等様々な種類があります。
ファンデーションは、肌の表面を整えシワ・シミを隠し見た目を良くします。

ファンデーションの効果とは?

  • ほこりや雑菌などの刺激から肌を守る役割
  • 美容成分配合のものはスキンケア効果も期待
  • 皮脂を吸収しテカリ防止
  • 肌色を均一にみせる

下地

下地

名称通り、化粧前の下準備として肌に塗るものです。化粧水・乳液等で肌を整え下地を塗っていく順番です。下地で土台をつくったら、ファンデーションで肌を仕上げていきます。

化粧下地の効果とは?

  • 肌を整えファンデーションのノリを良くする
  • ファンデーションの添加物が毛穴に詰まるのを遮る
  • 化粧落としの際に落としやすくする
  • 肌をl保護する

BBクリーム

BBクリーム

ファンデーションに美容液・コンシーラー・日焼け止めなどの機能を加えた多機能な製品です。1つで何役も使えるのが人気です。Blemish Balm「Blemish:傷」「 Balm:軟膏」の略称です。元々は、皮膚の傷や炎症の治療を目的としたものです。現在では、ダメージを受けた肌を癒すための化粧品として使われています。

BBクリームの効果とは?

  • 1本で下地・ファンデーション・コンシーラーとして使える
  • 日焼け止め効果

ファンデ・下地・BBクリームの違いまとめ

基本的に肌のベースメイクをするには、以下のように下地+ファンデーション or BBクリームの1本使用が知られています。

  • 下地+ファンデーション
  • BBクリーム(下地+ファンデーションの効果)
ここに注意!

1本で全てカバーできるBBクリームのカラーは、他のファンデーションに比べて少ないとされています。そのため、ファンデーションを使わずに楽だからといってBBクリームだけを使うと不自然な肌色になってしまう場合があります。
また、カバー力がファンデーションに劣る点も。少し手間がかかるファンデーションの場合、色や種類・機能が豊富です。化粧品は使い分けや併用して賢く使いましょう!

メンズファンデは女性用となにが違う?

ファンデーションといったら、女性が使っているイメージが強いですよね。ではなぜ、男性用のファンデーションがあるのでしょうか?
男性向けファンデーションは、男性の肌トラブルに合わせた成分が配合されている商品なのです。これが、メンズファンデーションが男性に支持される秘密です。

女性用ファンデーションとの違い

男性用ファンデーションと女性用ファンデーションは、それぞれ肌質とそれに合わせた成分を基に開発されています。ここではその違いをご紹介します。

男性肌と女性肌の違い

男性
  • 肌が乾燥しにくい
  • 脂性肌が多い
  • 皮膚が厚く、女性よりも紫外線に強い
女性
  • 乾燥肌が多い
  • 肌荒れがしやすくスキンケアが必要
  • 皮脂が少ない

これだけの肌質の違いがあるなら、女性用と男性用の化粧品があるのも納得ですね。この肌質の違いから、それぞれ配合されている成分も異なってきます。

ニーズによる成分の違い

女性との肌質や悩みの違いから、メンズファンデーションに含まれる成分は女性用と大きく変わってきます。

ニーズ 成分
脂性肌でも崩れにくい ヒアルロン酸
ひげを隠せるカバー力 ダイズエキス
肌質改善 甘草エキス
CHECK!

男性と女性に肌に対するニーズの違い化粧成分の違いを生んでいます。そのため、一般男性の悩みを解決するメンズ化粧品が多くの男性に愛用されています。

ファンデのSPF・PAってなに?

SPF・PAどちらも馴染みのない言葉ですよね。基本的にどちらも日焼け止めをどれくらい防げるかの指標となっています。ここでは紫外線の種類とファンデーションのSPF・PAを分かりやすくご紹介します。

3種類の紫外線

紫外線は大きく3種類に分類されます。

3種類の紫外線
紫外線A波(UVA)
肌内部に活性酵素を作りDNAを傷つける・コラーゲンを破壊。シワやたるみの原因になる。
紫外線B波(UVB)
肌が赤くなる炎症を引き起こす。シミやそばかすの原因になる。「レジャー紫外線」とも言われている。
紫外線C波(UVC)
通常はオゾン層がカバーし地上に届くことがないが、近年地上に届くことが危惧されている。皮膚病の原因になる。

SPFとは

SPFとは、Sun Protection Factorの略称です。大まかに言うと、「どれくらいの時間日焼けを防げるか」を表す数値で、数値が大きいほど日焼けの防御時間が長くなります。

SPFが防ぐのは紫外線B派

SPFは、主に紫外線B波を防止する数値です。その数値が何を表しているかというと、どれくらい日焼けを遅らせることができるかを表しています。

紫外線を20分浴びると日焼けしてしまう人の場合
20分×20倍=400分
つまり、5時間半日焼けを遅らせることができます
紫外線を15分浴びると日焼けしてしまう人の場合
15分×20倍=300分
つまり、5時間日焼けを遅らせることができます。
Point

日焼けする時間は個人差があるので同じSPF20を使っていても、紫外線を遅らせる時間は異なります

PAとは

PAとは、Protection Grade of UV-Aの略称で、UV-A(紫外線A波)の防止効果を表す指標です。PAの後に続く+の数がUV-Aに対する効果の強さを表します。
PAの効果の強さはPA+~PA++++の4段階です。+の数が増える順に効果が強くなります。

PAの強さ 効果
PA+ 効果あり
PA++ 高い効果あり
PA+++ 非常に効果あり
PA++++ 非常に高い効果あり
Point

PA値が高いほど肌への負担も大きいため、シチュエーション・ロケーションに合わせたものを使いましょう。